関西の温泉で有名なところ

まとまった休暇を利用して、温泉を楽しむことが考えているという方に「関西の温泉で有名なところを紹介」させていただきたいと思います。関西の温泉というとあまり聞かないという人も多いですが実は名湯が多いですので紹介させていただきます。まず、日本三大古湯である「有馬温泉」こちらは関西地方兵庫県にある温泉であり、江戸時代には、温泉番付の最高位に位置付けられていた温泉街でした。

jy7 (37)

また、関西でも有数の花街としても知られています。それに加えて温泉地としては交通の便がよいことも有馬温泉の特徴であり、高速出口から5キロ以内という立地も観光客から高い評価を得ています。ほかにも、兵庫県には湯めぐりが可能な「城崎温泉」があります。なお、関西の温泉地としてそれほど歴史があるというわけではないのですが、サービス品質や旅行という意味で高い評価を受けている温泉に「天橋立温泉」がありますから、関西の温泉で有名なところを考えているという方は候補に入れてみてください。関西は温泉地の数という意味では他の地よりも少ないですが、評価の高い温泉というものはたくさんありますよ。

jy7 (36)

兵庫県の名産品を紹介します。塩味まんじゅうは、江戸時代に赤穂藩主が将軍に献上した菓子として歴史ある銘菓です。塩味が効いた素朴な食べやすい味になっています。兵庫県は淡路島の玉ねぎは全国で収穫量が多いので名産品として名高いです。スープや煎餅など様々な商品が販売されています。兵庫県の名産品で日本三大和牛のひとつでもある神戸肉は、兵庫県の但馬牛からとれる枝肉です。日本一厳しい基準をクリアしたものです。兵庫県の名産品では明石の蛸、鯛が有名で明石焼きがあります。いかなご、穴子、瓦煎餅、神戸は洋菓子も有名です。

iza (100)

兵庫県の名産品では姫路おでんも紹介しておきます。一般的なおでんと違い生姜醤油をかけて食べるのが姫路おでんというものです。近年はB級グルメと呼ばれるものも多数登場しています。また漁業が盛んなため魚料理も多くさまざまな種類が郷土料理にもあります。加古川市には、かつめしと呼ばれる料理があります。ビーフカツにドミグラスソースがかかった一風変わった料理として人気があります。兵庫県の名産品はたくさんありますので、旅行の際には堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 京都のこと

j (32)

世論調査で70%の人は景気が良くなったとは思っていないそうです。裏を返せば30%の人は景気が良くなったと思っているということですよね。下層のわたしが景気が良くなったと思うまではまだまだ時間がかかるのでしょうね。景気回復の兆しが感じている人が多いのか、いままで旅行で宿泊する旅館やホテルは低価格のところが人気があったのが高級旅館などが予約殺到しているそうです。

 

もし旅行に行って泊まるならサービスが良くってきれいな旅館やホテルがいいですね。安っぽくてサービスがいまいちというのはせっかくの旅行が台無しになってしまうような気がします。以前、高級旅館が限定数名を格安で宿泊させるプランをしていたのを見かけました。高級旅館の格安で泊まれると得したように思えるけど旅館の従業員から裏で「あの人達〇〇円の格安プランなんだねぇ~」と小馬鹿にされそう。見栄を張るつもりはないですが実生活から離れたいから旅行したくなるんです。だから旅行に行くときは日常とは違う部屋で過ごしたいし財布の中のことをチマチマ考えたくないなと思っています。財布の中のことを考えないで旅行できるには今の収入ではムリなんですが…いつか旅行をして高級旅館に泊まるときは正規の料金でと思っています。

 

j (10)

ところでこれまで最もショボイ旅館に止まったのはいつか?と考えると修学旅行の時だったと思います。中学校の時ですね。高校の時は京都でしたが、旅館はまあ、マシだったかな?、たいしたことなかったけれど。あの頃はほとんど観たお寺とか興味がなかったので、もったいなかったな~と。今なら物凄く楽しめるのではないかと思います。今度、できれば旅行ではなく引越し 京都へして歴史に没頭したいと思っているのですよ。いつになるのかあ?

 

2675 (1)

ところで先日、ちょっと面白いことを聞きました。兵庫県の神戸出身の人と大阪出身の人とお話をしたのですが、関西あるいは畿内とでも言うのでしょうか?、その位置づけ、位付けというものが他の地域の人には分からないことがあるそうなのです。

 

「神戸に旅行に行った時にとても神戸の人は親切だった」と私が言ったのですが、「実はね」のような感じで神戸出身の人が話してくれたことがとても面白かったのです。まあ表面上はそうなんだけれど、腹の中では、、、みたいな話です。畿内の順位付けみたいなものがあって、京都>神戸>大阪 みたいなランキングなんだ、と。

 

そういえば引越し 京都へ住んだ知人も、なかなか文化に馴染むことは難しと言っていましたが、、、まあ、それが奥ゆかしさ?のようなものかもしれませんね。