関西の温泉で有名なところ

まとまった休暇を利用して、温泉を楽しむことが考えているという方に「関西の温泉で有名なところを紹介」させていただきたいと思います。関西の温泉というとあまり聞かないという人も多いですが実は名湯が多いですので紹介させていただきます。まず、日本三大古湯である「有馬温泉」こちらは関西地方兵庫県にある温泉であり、江戸時代には、温泉番付の最高位に位置付けられていた温泉街でした。

 

また、関西でも有数の花街としても知られています。それに加えて温泉地としては交通の便がよいことも有馬温泉の特徴であり、高速出口から5キロ以内という立地も観光客から高い評価を得ています。ほかにも、兵庫県には湯めぐりが可能な「城崎温泉」があります。なお、関西の温泉地としてそれほど歴史があるというわけではないのですが、サービス品質や旅行という意味で高い評価を受けている温泉に「天橋立温泉」がありますから、関西の温泉で有名なところを考えているという方は候補に入れてみてください。関西は温泉地の数という意味では他の地よりも少ないですが、評価の高い温泉というものはたくさんありますよ。

 

兵庫県の名産品を紹介します。塩味まんじゅうは、江戸時代に赤穂藩主が将軍に献上した菓子として歴史ある銘菓です。塩味が効いた素朴な食べやすい味になっています。兵庫県は淡路島の玉ねぎは全国で収穫量が多いので名産品として名高いです。スープや煎餅など様々な商品が販売されています。兵庫県の名産品で日本三大和牛のひとつでもある神戸肉は、兵庫県の但馬牛からとれる枝肉です。日本一厳しい基準をクリアしたものです。兵庫県の名産品では明石の蛸、鯛が有名で明石焼きがあります。いかなご、穴子、瓦煎餅、神戸は洋菓子も有名です。

 

 

兵庫県の名産品では姫路おでんも紹介しておきます。一般的なおでんと違い生姜醤油をかけて食べるのが姫路おでんというものです。近年はB級グルメと呼ばれるものも多数登場しています。また漁業が盛んなため魚料理も多くさまざまな種類が郷土料理にもあります。加古川市には、かつめしと呼ばれる料理があります。ビーフカツにドミグラスソースがかかった一風変わった料理として人気があります。兵庫県の名産品はたくさんありますので、旅行の際には堪能してみてはいかがでしょうか。